Just another WordPress site

ねこ背

このようなような症状やお悩みはありませんか?

●首が前に出ている(ストレートネック)

●肩が内側に入っている

●周りから姿勢が悪いと言われた

●慢性的な肩こりなどに悩まされている

●頭痛や倦怠感などの不調がある

●大きな呼吸ができない

●お腹が出ていて反り腰

●巻き肩で服を着てもおかしい

猫背の原因となる2つの特徴

生活環境の変化

近年、パソコンやスマートフォンの普及によって無理な姿勢での長時間の作業は、首、肩、背中の筋肉へストレスを与えます。

筋肉が凝り固まり筋膜が癒着して、首の骨の自然な湾曲もなくなり痛みや姿勢の歪みとして現れます。

また、スマホのゲームや動画などのブームで、子供の猫背も最近急増しています。

運動不足

今の子供たちの生活はゲームや勉強など長時間行い、外で体を使って遊ぶ子はあまり見かけない様になりました。

防犯上の問題もあり、安心して思いっきり走り回れる場所や、飛び越えたり、よじ登ったりできる場所もなくなりました。

外遊びの中で身につく運動神経や身体を安定させるための筋肉の発達が悪くなってきています。

職場でも、作業内容が細分化されているので毎日同じような姿勢や同じ動きの繰り返しをしている人が多くなってきています。

それにより身体をバランス良く、使うことも少なくなってきています。

日常の仕事や生活の中で使っていない筋肉を積極的に動かすことは大切だと考えられます。

猫背のリスク

悪い姿勢の人に「姿勢を正したら?」「ちゃんとしなさい!」とよく言いますが、本人は意識が無く、楽だからその姿勢をとっているのです。

その悪い姿勢の骨・筋肉のバランスが体に染みついてしまっています。

猫背になってくると、常に首や背中、腰の筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなると自然な背骨の湾曲が崩れ体にさまざまな不調が出てきます。

肩も前に出てきてしまうので、胸郭が狭くなり呼吸がしづらくなってきます。

猫背の人の肋骨の動きをみると、上手く動いていないケースや左右の動きに差があるケースが多くあります。

めまい・頭痛・吐き気・自律神経失調などの不調につながります。

また「なんだか自信なさそう」「元気がないのかな・・・」と他人から見られてしまったりしまいがちですね。

猫背治療の重要性

肋骨(胸郭)は呼吸に合わせて意識していない時でも常に締まったり・広がったりを繰り返しています。

猫背になることで胸郭の動きが制限されると全身の血流の低下・酸素不足になり不健康な状態となります。

見た目の姿勢の美しさも大切ですが、血液の循環をよくし、代謝を上げバランスのよい姿勢を維持し健康になっていただきたいと思います。

お気軽にお問い合わせください TEL 0749-52-4768 月・水・金曜日 9:00~19:20
火曜日 15:00~19:30(トレーニングのみ)
土曜日  9:00~12:00

PAGETOP
Copyright © 中川接骨院 姿勢体質改善センター 米原本院(予約制) All Rights Reserved.