機能的な表情筋の活性化のために、頸動静脈と顔面神経の絞扼をとり除き、咬筋(くいしばり筋)と側頭筋(こめかみ筋)を中心にバランスをとります取ります

高校時代甲子園出場の経験を持つスポーツマンのA氏(50代)です。鼻骨骨折による右顎関節症、加齢に伴う右眼瞼下垂、顔面の右半分の三叉神経の絞扼で拘縮しておられました。

3回施術 鼻骨折の変形/右顎の変位/右眼瞼下垂

施術後、顔面拘縮が改善され、目も口も大きく広がりました。

満面の笑みでイケメン復活!! 心からの笑顔を頂きました。( ´∀` )

多くのアスリートが、奥歯が削れたり、くいしばるため「マウスピース」を装着します。

しかし、歯を守ることができても、顎が緊張して「寝違い」や「首こり」に悩まされています。

元阪神と日本ハムにいた新庄選手も、その一人です。

元読売巨人軍の総合投手コーチの川口和久氏も「口が大きく開くようになり、カラオケが上手くなった!!」と絶賛して頂けました。アスリートの「あご治療」を応用して「笑顔のネック・フェイシャル」をプログラムしました。

 

機能的な表情筋の活性化のために、頸動静脈と顔面神経の絞扼をとり除き、咬筋(くいしばり筋)と側頭筋(こめかみ筋)を中心にバランスをとります取ります

高校時代甲子園出場の経験を持つスポーツマンのA氏(50代)です。鼻骨骨折による右顎関節症、加齢に伴う右眼瞼下垂、顔面の右半分の三叉神経の絞扼で拘縮しておられました。

3回施術 鼻骨折の変形/右顎の変位/右眼瞼下垂

施術後、顔面拘縮が改善され、目も口も大きく広がりました。

満面の笑みでイケメン復活!! 心からの笑顔を頂きました。( ´∀` )